2017年4月25日火曜日

藤井聡太四段

中学生でデビューしたと思ったら、トッププロでした。
14歳藤井聡太四段、羽生三冠破る 将棋の非公式戦

非公式戦7番勝負で6勝1敗、公式戦では13連勝中。非公式戦の面子は半端ないです。
タイトル保持者、元タイトル保持者、タイトル挑戦者、電王戦勝者など。
逆に、藤井四段に勝った永瀬六段が際立つという。

永瀬六段は作戦勝ちの模様。第2局 VS永瀬拓矢六段戦
予想外の戦型に藤井が序盤から時間を使わせられることになった。永瀬がまだ3分しか消費していないところで、藤井は1時間の持ち時間の半分を消費する展開。永瀬の戦型選択が当たった格好である。
これは、戦う前に勝つという感じでしょうか。
成らずでSeleneを下した容赦の無さは、相変わらず健在のようです。

2017年4月24日月曜日

海外商品先物メモ

取引予定はないですが、一応、メモしておきます。
小麦 先物(W)

取引単位 5,000ブッシェル 約136トン 1ブッシェル 約27キロ
呼値の単位 1ブッシェル当たり1セントの1/4刻み(1枚当たり12.50ドル)

つまり、1枚持っていて、呼値が1ドル上がると5,000ドル違うわけですね。
最低証拠金が1,100ドル。
80%でロスカットなので、最低証拠金の場合、220ドルやられるとロスカット。0.0450ドルですね。

それぐらいは一日で動きそうです。
月限によって価格が全然違います。17年5月限は4.0725ドルですが、18年3月限は4.8050ドル。
順鞘ってことですね。
順鞘(じゅんざや)は、通常の鞘の状態といわれ、購入資金の調達金利や保管料・生産コストが加わるためにこのようになると説明される。
保有期間を長くしたいがために期先を買うと、持っている間、鞘は縮小していくはず。
時間が敵になるってことですね。結構むずかしいです。

米国小麦

小麦がいいかもしれません。2012年から下げトレンドで、既に5年が経過しています。
しかも、400が頑丈な感じがするのと、そろそろトレンドラインが切れそうなのがポイントです。

小麦のファンダメンタルズなんてさっぱりですが、リチャード・デニスだってテクニカルだけなので。
商品に鞍替えして上手くいくとも思ってませんので取引予定はありませんが、そそられるチャートですね。
今年の6月ぐらいには、下げトレンドが切れると思います。


フランス大統領選

マクロン氏とルペン氏が決選投票になりました。
3位のフィヨン氏と5位のアモン氏は、決選投票ではマクロン氏への投票を呼び掛けています。
勝負あった感じです。

選挙の影響で1ドル110円程度まで反発していますが、110円以上はかなり壁が高いゾーンです。
昨年の12月からじっくり下げてきたゾーンなので、上がっていくにはかなりの上昇圧力がないといけません。

米国債券利回りは2.3%まで戻してます。
2.1%ぐらいまで下げたのが単なるショートスクイーズだったのかどうか、まだ分かりません。
私の狼狽売りは裏目に出ましたね。相変わらず、間抜けもいいところです。

2017年4月22日土曜日

日本の貿易収支とTOPIX

原発事故後、貿易収支は赤字が続いたそうですが、最近は原油安で黒字化したそうです。
2014年には10兆円以上の貿易赤字でしたが、2016年には5兆円以上の黒字。
アメリカは、毎月400億ドルぐらいの赤字ですから、年で約4,800億ドルの赤字です。

【2017年】日本の貿易収支の推移をグラフ化(1996年~)

2015年までの円安は、日銀の他、貿易収支の面でもブーストがかかっていたと言えます。
もちろん、貿易収支だけでレートが説明できるとは思いませんが、現在は円高圧力なのも確かです。

日経平均はまだリーマンショック前の高値より高いですが、TOPIXになると景色が違います。
1480ラインというのは、リーマンショック前には支持線として機能してます。
また、現在は24ヵ月移動平均線も支持線になってます。

しかし、チャート的にはあまり強くなく、セルインメイちゃんも控えています。
やはり様子見が無難かと思います。
ちょっと日経平均が反転したからといってうかつに飛び込まないように、傍観しております。

2017年4月19日水曜日

フランス大統領選

もしかしたら、波乱になるかもしれません。
というのは、極左のメランションさんが支持率で猛追しているようなのです。
フランス大統領選挙2017マクロン支持率低下で、ルペンの決選投票勝利も!反応まとめ

メランションさんもEUに批判的です。ルペンさんほどではないようですが。
もし第一回投票でルペンさんとメランションさんが選ばれれば、どちらでもEU懐疑派の大統領となります。

反EU、反ユーロというのは、建前的にはやりにくいものですが、時代が変わっているようです。
世論調査で拮抗しているなら、米国のように隠れ支持層でひっくり返ってもおかしくありません。
そもそも、テロや移民の問題は、フランスの方が米国より深刻でしょうし。

第一回投票の結果が分かるのは、日本では4/24だそうです。
EUの未来に重要な選挙ですから、結果を楽しみに待ちたいと思います。

2017年4月18日火曜日

ガンドラック氏の相場観

ガンドラック氏の記事ですが、3つ、キーチャートがあるっていう話です。
For Gundlach, These Are The Three Key Charts To Watch
インフレの見通し、株価売上高倍率、企業債務のGDP比を紹介していますね。

インフレ見通しが下がることによって、債券の高い利回りへの圧力(売り圧力)が下がる、と述べています。
最近2.3%を割り込みましたが、そういう影響があったのかもしれません。

ガンドラック氏は、現在は米国株以外が好みのようですが、株価売上高倍率:PSRを見ているようです。
S&Pは、PSRでは2標準偏差に近づいています。
これはリーマンショック時をはるかに超えて、ドットコムバブルの時に近いそうです。

最後に企業債務のGDP比ですが、これは前回のリーマンショック時とほぼ同じです。
彼はリセッションになるとは思っていないそうですが、このチャートは警鐘を鳴らしていると表現しています。

リセッションへの準備が整いつつある、という感じでしょうか。
バフェット指標で見ても、過熱気味です。
バフェット指標は米国株式相場の過熱感を警戒している?