2014年10月21日火曜日

ロシアの株式市場

ロシアの株式は下がり続けている。大変残念なチャートである。
しかもまだ、下げ止まっていない。
私が試し玉で買ったGAZPも通貨安と株安でダブルの下げを喰らっている。

では、今後はどうなるか、少し考えてみよう。
ユーロ/ルーブルのチャートを見ると、1ユーロは52ルーブルにまで安くなった。
2013年から見て、通貨が3割も安くなったことになる。そして、ロシアは資源輸出国だ。

ルーブルが安くなれば、ほぼ自動的に業績がよくなる銘柄群が、多数出ることだろう。
 GAZPの2014年第2四半期までを見てみると、売上は確かに1割ぐらい上がっている。
(去年と比べると無駄遣いして営業費が増大しているので、利益は圧迫されている)

ルーブル安も、この下半期で一段と進んでいる。
レートがルーブル安で膠着すれば、来期は通期でルーブル安が寄与することになる。
まだ、諦めるには早いかな。





0 件のコメント:

コメントを投稿