2014年10月22日水曜日

チャイナの成長率

今日の新聞を見たら、「中国のGDP成長率7.3%、景気減速」という記事があった。
7.3%成長して、景気減速なのか。 そしたら2%の成長もできない我が国はどうなるのか。
景気減速どころか景気墜落ではないか。

不動産投資は9月までで+12.5%だそうだ。これでも「鈍化」と書かれている。
12.5%の成長で鈍化なら、我が国の不動産投資はどうなるのか。
鈍化どころか地獄の底ではないか。

今年7%以上の成長率を維持しているし、不動産2桁の成長である。
ネガティブに見たければそう見ればいいけれども、私にはポジティブに見える。

不動産投資市場では、日本は世界の10.1%で2位だそうだ。アジアの不動産投資市場2013 16ページ
しかし、これも3位で7.0%のチャイナに抜かれるのは時間の問題だ。GDPのように。
(仮に、不動産投資市場が7%成長としても、2019年には10.5%になる)

中国の面積は、日本の25倍あり、人口は10倍以上ある。中国の成長は自然だ。
好き嫌いで議論すべきではない。

0 件のコメント:

コメントを投稿