2014年10月21日火曜日

PDLI PDLバイオファーマ

NASDAQに上場している。バイオテクノロジー&メディカルリサーチの会社。
PDLバイオファーマの年間収支報告をご覧頂きたいのだが、なんと粗利率が98%。
自分の目を疑った。純利益率で50%を超える。こんな会社があるのか。

純利益率なんてものは、一般にはせいぜい5%かそこら。
IGGのような高収益な企業でも30%台だ。mixiも20%台である。

売上は2013年で4.42億ドル。 日本円でざっと442億というところ。従業員はわずか8人。
一人あたりの売上は、 55億にもなる。2000年から、製品のロイヤリティは増え続けている。

そして、何故かこの銘柄は、去年のEPSで計算するとPER4.8倍で取引されている。
バランスシートを見ると、去年まで純資産はマイナスだったが、2013年にプラスに転じている。

今期の業績は、第2四半期までで、前年度と同じぐらいである。配当利回りは、7.26%。
しかし、米国の配当課税は20%。日本の配当課税も20%。
結局、配当に対する税は、法人税と合わせて脅威の3重課税となる。実質は4.4%。
(NISAなら米国の配当課税のみなので、5.8%)

自社株を買って株式消却するほうが、明らかに良い。
1年ならともかく、長年の配当金額が、どれだけ税金で消えていることだろうか。
それにしても、この銘柄は凄いね。

0 件のコメント:

コメントを投稿