2014年11月6日木曜日

劉央さん

上海総合の強気相場について、同じようなことを考えている人がいた。
上海総合指数、向こう3年以内に5000ポイント達成も=西京投資
(中国)A株は15年に大相場入り、「中国のバフェット」が予測

劉央主席というおばちゃんは、「中国のウォーレン・バフェット」と呼ばれているそうだ。
チャイナの人なので、チャイナ相場については肯定的に見られるのであろう。
(おばちゃんは「香港は調整が必要」と言っているらしいが、私は同意しない)

5,000どころか、10,000を超えてもいいと思うけどね。

おばちゃんは、2011年からチャイナに強気である。しかしそれ以降、上海総合は3年以上も冴えなかった。
成長しているにもかかわらず、株価が冴えないことを、ピーター・リンチは「岩の心電図」と評した。
上海総合は、まさにその状況である。

0 件のコメント:

コメントを投稿