2014年12月5日金曜日

消費者物価指数

消費者物価指数:CPIを2%にしてデフレ脱却と言っているが、無理だろうこれ。
野口悠紀雄教授によると、CPIを2%上げるには円が40%下落しないといけないらしい。

一年か二年ならできるよ。1ドル80円が4割下落すると112円だけど、実際に今120円だから。
今年の10月時点で、CPIは前年同月比+2.9%。だから野口教授の計算も大体あってる。

しかしこれを持続するとなると、さらに2%上げるには120円から4割下落しないといけない。
つまり168円。 次から順に235円、329円、460円、644円、901円。

1年で2%の物価上昇を数年持続すると、2020年には1ドル901円になる計算なんだけど。
ん~と、日経平均は150ドルとすると、1ドル901円で135,240円になる。
いや無理だろ。風呂敷を広げるのは自由だが、どう畳むつもりなんだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿