2015年2月25日水曜日

来たるべき日への備え

暴落を取る、というのが次の私の目標である。
ウィリアム・オニール曰く、下げを取るのは上げを取るより難しい。
下げで稼ぐ商品は、時間的な制約が付くのが一般的だからだろう。

売りで稼げる商品としては、
  1. 個別株を空売りする
  2. 先物を空売りする
  3. プットを買う
  4. コールを売る
  5. ベア上場投信を買う
5は、論外だと思っていたのだが、ちょっと違うのかもしれない。
そう思うきっかけは、SBIの3.7ブル・ベアのシミュレーションデータである。
下の図をご覧いただければわかるが、2012/1を10,000とすると、2013/5月で70,000を超えている。

先物で3.7倍のレバレッジをかけても、2012年後半からの上げ相場で7倍株にはならない。
ミニ1枚85万(日経平均8,500)として、レバレッジ4倍だと21.3万で1枚買える。
これが16,000まで上がると、値幅は7,500なので利益が75万。4.5倍株なのだ。

ブルベアファンドは、基準価格の計算がちょっと違う。
一方向に動くと、値幅が凄い。どうなっているのか調べている。





0 件のコメント:

コメントを投稿