2015年3月16日月曜日

GAZPROM

ルーブルの下落でパフォーマンスはメタメタなガズプロムだが、実際どうなのか見てみた。

SBI証券によると、2015年12月の純利益予想は213億ドル。
一方で時価総額は、3.36兆ルーブル。1ドル62ルーブルとすると、541億ドル。
PER2.5倍である。

いくら成長しないとはいえ、ここまで散々に売られている銘柄も珍しい。
一方で、原油価格は猛烈に下げたものの、まだ反転の兆しはチャートにはない。
ファンダメンタルズで考えても、シェールが減産しまくらない限り反転しない。

様子見で良かろうと思う。
首創置業が値上がり中なので、投資比率も3%ほどに縮小された。
また原油反転の時期が来れば面白い銘柄になるのかもしれない。

中国経済の急減速で原油価格は二番底へ バブル崩壊、1バレル10ドル台突入の可能性も
こういう記事が出てきたということは、そんなに悲観する必要もないと思わせる。

0 件のコメント:

コメントを投稿