2015年4月12日日曜日

電王戦ファイナル 第五局

阿久津八段が21手で勝利。2八角を指させるのがハメ手である。
藤井九段のいう通り、貸出ルールでハメ手がここまで出なかったことのほうが珍しいのかもしれない。

弱点がある以上、狙うのは当然だが、興行的には開発者の巨瀬さんの投了が早すぎた。
1時間経ってないからね。コンピュータがまだ弱くて、プロが3面指しぐらいならともかく。
あの局面からAWAKEがどう粘るのか見たかった。

100万円チャレンジでも、角をとった後、結局負かされる挑戦者が多くいたそうである。
あの後、プロがどうやって仕留めるのか見たい人もいたはずだ。
相手に力を出させずに勝つのは、むしろ常道といえる。

あのハメ手は、バグ(動作不良)ではなくて、プログラムがいいと選んだ手なのである。
馬が詰まされる手順に気が付くまで時間がかかるそうだ。
やねうら王も、横歩取りで飛車が詰まされるのに気がつかない手順がある。

であれば、阿久津八段を責めるより、そんな評価をするプログラムを見直すべきであろう。

阿久津八段は、ハメ手に関しては悩んだかもしれない。
寂海王が烈海王と戦ったとき、「正々堂々と戦って鮮やかに葬る。それができるものならそうしたかった」というシーンがある。
今回の阿久津八段も同じような心境であろう。練習では散々負かされたらしいから。

なにはともあれ、プロ勝ち越しである。
散々コンピュータを研究して初の勝ち越しをしたことは記念すべきだし、それでも2勝するコンピュータも同時に讃えられるものだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿