2015年4月2日木曜日

大学時代の恩師の話

今は株屋になった私だが、大学時代の先生の話で印象に残っていることがある。

その先生は、助手時代、周りが止まって見えたそうだ。
周りの人の研究課題があまり捗ってないのを見て、そう感じたそうである。

私が株取引を始めたのは2008年の6月だった。実に7年前。
この7年は、株屋として学ぶことが多かった。
今は、周りを気にせずに判断できているように思う。別に止まっては見えないけれども。

諸先輩方に比べればまだまだ投資資金は少額だが、だからこそ今が一番楽しい時期かもしれない。
ドラクエでいうと、ホイミとルーラを覚えた辺り。
そろそろ、学ぶだけでなく、学んだことを活かす段階にならないといけない。

0 件のコメント:

コメントを投稿