2015年5月13日水曜日

私は株で200万ドル儲けた

ニコラス・ダーバスの著書である。ダーバスは、1920年生まれ。
ちょっとした切欠で、彼が株式を最初に買ったのは、1952年のこと。すでに32歳である。
その後、幾多の失敗を体験し、1950年代後半から安定して稼げるようになった。

稼げるようになるまで、6年ぐらいは修業が必要だったわけだ。

当時の200万ドルは現在ではどの程度なのか。
米国の物価は、大雑把には当時から6~7倍になっている。50年前の食品の価格を今の価格と比較してみる(アメリカ編)
となると、200万ドルは現在の1,200万ドル~1,400万ドルぐらいであろうか。

彼は、テクニカル分析とファンダメンタル分析を使って売買している。
ファンダメンタル分析は、「収益が伸びている企業」という程度のあっさりしたものだ。
売買の仕方では、いくらか私と似ている点があって、知己を得たような気がする。

0 件のコメント:

コメントを投稿