2015年5月21日木曜日

バフェット指数

日経を見たら、こんな記事があった。
株、静かに刻んだ2つの「記録」 バフェット指数高騰が示す期待と不安

バフェット指数って何よ。 はじめて聞いたので、ちょっと調べてみた。
バフェット指標は神の声か?

「GDPと上場株式の時価総額の総和を比べるもの」だそうだ。
なんだ、そんなもの。自力で気づいて計算して使ってるし、ブログでも取り上げている。
GDPから見る上海総合

でも、これは傾向を漠然と指摘するものだから、これだけタイミングをつかむのは至難だよ。
たとえば、1989年の日経高値は、バフェット指数でいえば明らかにバブルだ。
とはいっても、87年でも十分高値だし、88年だってバブってる。

だから、バフェット指数だけでは、「バブルだ」とは言えるけど、「天井だ」とは言えない。
同様に、「安値だ」とは言えても、「底だ」とは言えない。
大雑把な傾向をつかむのには使えると思うが、売買タイミングを計るにはそれほどでもない。

もっともあの爺さんはそれだけつかめば、あとはフィッシャー式に永久保有だから、それでいいのかもしれないけどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿