2015年7月10日金曜日

中国企業の売買停止措置

はっきり言えば愚策だ。
株価の下げを防ぐために売買停止するというのは、やってはいけないことだ。

相場はあらゆるときに開かれてなければならない。
売りたい人と買いたい人の仲立ちをするのが、相場の存在意義なのだ。
恣意的に制限してはいけない。

残った銘柄に売りが殺到するだけで、首創置業の呆れた安値もそれがためだろう。
お陰で私はいくらか安値で拾えたが、全体では無用の混乱が増大するだけだ。

中国市場は一段と信頼を失ったわけで、結局、上海総合の上値が限定されることになる。
こういう時こそ、政府は泰然と構えねばならない。
中国政府は、市場に対する規制を徐々に緩和しているから、こういう考え方もそのうち学ぶであろう。

IGGはメインボードへの移行もあり、なんとなく買い損ねてしまった。今度から00799だ。
しかし、持ち株の首創置業、IGG、重慶銀行、いずれも混乱の最中、取引停止にはしなかった。
これは評価できる。彼らは周囲に安易に迎合せず、相場の存在意義と自分の立ち位置がわかっている。

子曰く、其の以す所を視、其の由る所を観、其の安んずる所を察すれば、人焉んぞ廋さんや、人焉んぞ廋さんや。

0 件のコメント:

コメントを投稿