2015年8月30日日曜日

量的緩和競争

ダリオ氏:米当局は「わずかな」利上げ後に量的緩和再開へ
米国が量的緩和を再開するのは、個人的には想像しにくい。
去年終わりにしたばかりだし。やったらすごいよ。死んでも生きろという感じだ。

しかし、量的緩和が再開されれば、株価は上がる。欧州は今年1月から量的緩和を実行している。
緩和は少なくとも2016年9月まで。しばらく欧州の株式市場はもつだろう。
ECBが量的緩和決定、景気支援・デフレ回避へ1兆ユーロの支援策

さて日本は? 日本市場で、チャートの形が悪いのはREITだ。
リーマンショックの時、2007年の高値は、月足では試されていない。
今年の1月が高値だから8ヵ月が経過している。既に下げトレンドか。

追加金融緩和が行われれば、当然高値は更新していくだろう。
しかし、これ以上円安にするのかという基本的な疑問は残る。

140円の円安が必要、日銀2%物価目標の早期実現-調査
実質実効為替レートかなり円安、一段安ありそうにない=日銀総裁
実質実効為替レートで“過度の円安”ってホント?


0 件のコメント:

コメントを投稿