2015年8月29日土曜日

チャイナの電力消費量

チャイナのGDP発表は嘘、というのはよく聞く話である。
では、どの程度が真実なのか。
中国経済の減速と電力消費量・鉄道貨物輸送量の推移

電力消費量とGDPの相関は、本来強い。 しかし、チャイナは相関がとれていない。
従って、電力消費量から逆算したほうが真実に近いのではないか、という試みである。

他に、輸入額の対前年度比からGDPの成長率を概算している人もいる。
中国GDP実体 驚愕のマイナス3%指摘
GDP成長が実際はマイナス成長とすると、上海総合の上げトレンドには何の根拠もなくなる。

上海総合の急落の際に、中国政府が矢継ぎ早に対策を出した。
しかし、却って政府の自信のなさを裏付けたとして、余計に売られてしまった。
しかも、月足、週足、日足の移動平均線が上から襲いかかってくるのは、まだこれからである。

今の上海総合のチャートを見ていると、なんとなく2012年1月~6月の日経を思い出す。
3か月で8,000から10,000まで上がって、2か月で全戻した。上海総合も、年内には全戻すかもしれない。
しばらく様子見であろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿