2015年8月21日金曜日

シナリオ

もともとの私のシナリオは、以下のようになっていた。
  1. 中国市場が、2015年~2016年にかけて暴騰する。その過程で高すぎる値段になった首創置業を売る。
  2. 中国株を売った後は静観する。世界的な下げトレンドが形成されれば、TOPIXのベアファンドを買う。
  3. 市場が小気味よく下げた後にベアファンドの利益を確定し、焼け野原になった日本市場に再び舞い降りる。 
残念ながら、 私の集中力のなさが原因で、1はタイミングを取り損ねた。
しかし、ぐずぐずしていると2のフェーズになる。相場は待ってくれない。
今は、2のタイミングに集中する時だ。まだ日本市場では、下げトレンドの合意などない。


0 件のコメント:

コメントを投稿