2015年10月5日月曜日

7522 ワタミ

オワタミな運命に抗うワタミ、介護を切り売り
ワタミはそんなに悪いのか。知らなかった。というわけで、決算短信を見ている。

27年3月期では、20億の営業損失。120億の純損失。
純損失の増加は、主に減損と特損。加えて今期の第1四半期は、前期より悪い。

BPSは215円まで落ちている。株価は、まだ783円だ。
介護事業も入居率が悪化して、78.3%。今年の第1四半期は損失を出している。

介護はいくらで売れるのか。
前期は、介護で24億円ほど利益を出している。去年の利益を元に、PER10倍で売れれば、240億円になる。
EPSに直すと、680円ぐらい。仮に、そのぐらいの値段で売れれば、一応BPSは900円近くになる。

しかし、本業が立て直せないようでは厳しい。
上場来安値が96年の372円(分割考慮後)だが、更新してもおかしくない。

0 件のコメント:

コメントを投稿