2015年10月9日金曜日

9983と6954

ファーストリテイリングとファナックである。
この2銘柄で、日経平均への寄与度は15%のようだ。日経平均寄与度・構成比率一覧

10年チャートを見てみる。
げに恐るべきはファーストリテイリングで、去年の5月から今年の7月で株価は倍増している。
ファナックは70%ほど上昇。

日経平均は46%の上昇であり、逆に言えば、他の構成銘柄は冴えなかったということになる。
日経平均を支えてきた2銘柄だが、さらに高値を更新していくのは流石に難しいのではないだろうか。

両社の上昇率より、日経平均は上がっていない。
日経平均が高値を取り戻して上がっていくには、両社も回復して上がっていくということになる。
しかし、どちらかというと、両社とも下げトレンドに片足を突っ込んでいるように見える。


0 件のコメント:

コメントを投稿