2015年11月4日水曜日

首創置業 10月

1~10月で契約面積は前期比+11.7%、金額は+24.5%。
去年は11月と12月で80億元の契約金額だった。恐らく300億元前後で着地と思われる。
契約自体は、会社計画ほどではないものの、順調に伸びている。

2018年に契約金額600億元というのは、実際どうだろうか。
今年300億元の契約金額とすると、26%複利で伸びれば良い。
高い目標であることは間違いないね。

しかし、株を買う方としては20%で契約金額が伸びるだけでも十分すぎる。
2018年の契約金額は500億元~600億元と考えてみる。
売上は契約金額の半分ぐらいなので、250億元~300億元。

利益率が変わらなければ、2018年の配当は0.78HKドル~0.94HKドルになる。
というのが青写真だが、 答えは3年後である。

0 件のコメント:

コメントを投稿