2015年11月4日水曜日

テスラ・モーターズ

電気自動車を作ってる会社。 日本では全く見ないが、アメリカでは人気のようだ。
株価は現在208ドル。2年かけてダブルトップを作った。

この会社を調べて驚いたのは、なんとこの会社、1ドルも儲けたことがないのだ。
EPSでなく、純利益でも1ドルの利益も得たことがない。ずっと赤字。
それなのに、株価は2012年から見て10倍を達成した。わけわからん。

粗利は24%ほど。普通の水準だと思うが、販管費およびR&D費で全部吹っ飛ばしている。
アップルから引き抜きが激しいらしい。恐らく、対抗するために年棒を上げざるを得ないのだろう。
そりゃ相手が悪い。規模が違いすぎる。

赤字続きで、どうやって会社を維持しているのかというと、借入金である。
バランスシートの膨張によって会社を維持している。政府じゃあるまいし。

売上の伸びは素晴らしい。2012年から2014年で8倍にした。
今年も第3四半期までで26%伸びている。しかし、1ドルも利益を計上できない体質もそのまま。

いつまで経っても利益が出ない企業に、市場はいつまで付き合うんだろうか。
移動平均線的には、そろそろ痺れを切らしている感じがする。

0 件のコメント:

コメントを投稿