2015年11月11日水曜日

相続税

相続時上場株評価額時価70%に下げも(重要)
現在では、相続のとき、上場株式は時価総額100%が評価額らしい。
それを70%にするように金融庁が要求するそうだ。

決まればいいことだと思う。実質この部分では減税であるから。
ある程度、預貯金が株式に向かうだろう。

しかし、あまり効果ないんじゃないかな。
相続のことを考えて株式を購入する世帯なんて、多くないだろう。
株嫌いな人達が、減税になりますよと言ってみたところで、自発的に買うだろうか。

NISAがどれぐらい使われているか見てみよう。
26年度12月のNISA利用状況
これを見ると、2兆9,770億円分NISAが利用されている。

3兆円というと凄い額だけど、国民の預貯金は13年度末で865兆円。
だから、大体0.3%しかNISAに向かわなかったということになる。
70%の評価額と言われても、6兆円もいけばいい方だと思う。

東証一部の時価は、TOPIX1,600で600兆円だ。
となると税改正による影響は1%。TOPIXが1,600か1,616の違いでしかない。
株価を維持する効果があるとは思えないけど、国民にとってはいいことだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿