2015年12月13日日曜日

首創置業 2015年11月

1-11月で見ると、契約面積は前期比でほぼ横ばい、金額は+27.7%。
11月までの契約金額は250億元なので、恐らく通期で300億元ぐらいではないだろうか。
去年は通期で250億元だったから、金額では前期比+20%はいけそうである。

そろそろ売上と利益も伸びてくるはずだが、さて通期でどんな成績になるだろうか。

4 件のコメント:

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  2. いつも貴重な日記を読ませて貰って有難うございます。

    私は首創置業を持っていますが、先週は厳しい下げになりました。
    この状況に不安を感じております。もし宜しければ、この先の見通し
    など聞かせて頂きたく存じます。

    不躾なメールを恐縮ながら、これからも何卒宜しくお願い致します。

    返信削除
  3. 松平でございます。辺境まで有難うございます。
    4香港ドルから結構下げてますね。
    7香港ドルの高値で売り損ねた身としては、気絶してるつもりです。

    ただ、ダウは既にベアに入ったっぽく、チャイナもお付き合いでパッとしないのではないかと思います。
    ドル高で商品相場が下げまくってる中、米国株式だけ高値を維持している現状には、個人的には違和感があります。

    首創置業は、契約金額自体は年々伸びてます。
    利益率が維持されればそのうち株価も伸びていくと思います。
    しかし、実際どうなるかは蓋を開けてみないとわかりません。

    ホールドが不安なら、気にならなくなるまでポジションの比率を落とすのも手段かと思います。
    しかし、あまり相場で他人に判断を任せるのも良くありません。
    自分ほど自分のポジションに真剣になれる人は、いないはずですから。

    相場の達人は誰でも、他人の意見なんか大して気にしないはずです。
    達人になったつもりで考えてみるのも、一つ案かと思います。

    返信削除
    返信
    1. 親切なコメントを誠に有難うございます。

      不躾なお尋ねでしたのに、丁寧に答えて
      頂き嬉しく感謝しています。

      2868は中国株の中でも良い銘柄と思って
      おります。これからも貴重な情報と交流を
      何卒宜しくお願い申し上げます。

      削除