2016年3月31日木曜日

ダウと利上げの関係

利上げは好景気の証拠にもなる。2004年からの利上げ後は、ダウは上昇していった。
金利の重さに耐えかねて崩壊したのは2008年だった。

今回は、まだ0.25%しか金利を上げていない。いまだに金利は0.5%である。
にもかかわらず、ダウはぐらついている。日経はもっとひどいけど。

2015年12月だが、こんな記事があった。
米国利上げ 2018年に3.5%目標 欧州でも利上げの可能性高まる?
2018年に3.5%。いや流石に無理でしょう、それ。1年で1%上げないといけないよ。

0.25%上げただけで相場は怪しいのに、年4回もそのペースで上げられるわけがない。
というわけで、当然こうなる。FRB議長 追加利上げは慎重に判断

今のダウは、上値を追えない。上値を追えば、利上げになるからだ。
しかし、ダウが上値を追わず不安定だと、利上げもしにくい。
一種の膠着局面と言えると思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿