2016年5月31日火曜日

長期債務サイクルII

米国を、長期債務サイクルの観点から見てみよう。
レイダリオは、2008年がレバレッジ期間の終わりとしている。金利はどうか。
1981年が金利の頂点で、なんと19%を超えている。今の金利からは想像がつかない。

現在はリフレ期間であり、長期債務サイクルの後半に当たる。
長期債務サイクルの後半では、債務の削減が要求される。
そして、中央銀行は紙幣を刷って債務を削減した。日本は現在進行形で、やっている最中だ。

債務の削減として国債を購入しているが、現状では消失した信用を埋め合わせる効果しかない。
故に、インフレになりにくいし、ハイパーインフレなど遠い。
日本も現在ではそういう感じになっている。

政府には、新たにレバレッジ期間に入れるようになるぐらいの債務削減が要求される。
だから、レイダリオにしてみれば、金利は当然ゼロを維持すべきだし、新たなQEも必要になる。
「債務削減ターンなのに、金利引き上げてどうすんの?方向が逆なんだけど」という感じなんだろう。

デレバレッジ期間が終われば、レバレッジ期間がまた始まることになる。
50年後に、金利はまた頂点に到達するんだろうか。少なくとも、レバレッジ期間にはなっているはずだ。




0 件のコメント:

コメントを投稿