2016年6月1日水曜日

アメリカの住宅価格

米国住宅市場: サブプライム・ローンの復活?
上記の記事が面白かったので調べてみた。

2000年から中央値は倍ほどになっている。複利で4.5%。
これは明らかに高い。消費者物価指数は、2000年から39%しか上昇していない。

インフレ率でみても、ざっと複利で2%ぐらいで上昇していくのが妥当だろう。
住宅が高めに評価されて3%で上昇していくとしても、現在は26万ドルだ。
実際の中央値は32万ドルだから、20%は下落余地があるのではないだろうか。


0 件のコメント:

コメントを投稿