2016年6月27日月曜日

日銀の追加緩和について

これは、ないと思うよ。
既に今の時点で日銀的には全力緩和中だから。これ以上何を緩和するのかっていう感じ。

マイナス金利が導入されたけれども、あれは銀行の業績がちょっぴり悪くなるだけ。
実体経済では、各種ローンの金利がちょっと下がる。とはいえ、導入以前でも十分低い。

大して効果のないマイナス金利まで実行したというのは、もう緩和の手がないからだ。
だから、追加緩和はない、というより出来ない。やったとしてもあまり効果が無い手しかない。

いや、実はある。物凄く有効な追加緩和がある。ヘリコプターマネー、つまりばらまきだ。
例えば子育て世代に盛大にばらまく。これは国債の買い取りと違って、限度はない。
いつまででもばらまける。規模も自由自在だ。

しかしこれは出来ないだろう。ばらまきに対しては国民の嫌悪感が強すぎる。
麻生さんのたかだか2兆円規模の定額給付金ですら、相当に批判があったもの。

日本は緩和中で円高なので、もう円高株安直撃が続くのは仕方ない。
緩和がそろそろ終わるだろうという、足元を見たトレンド反転で、流石に相場は容赦ない。
そしてこういう容赦のなさ、純粋さが相場の魅力だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿