2016年6月29日水曜日

ステイツの底力

アメリカの株式市場って凄いなあ、と思う。
何が凄いって、現在でも最高値付近に留まっていること。
確認してないが、去年の高値付近で頑張ってるのは、恐らく米国だけではないだろうか。

S&Pは、2000年から2002年までの下げトレンドがダウより美しく描かれている。
NASDAQは、ITバブルの高値を15年ぶりに更新した。
最近は、下げトレンドがダウやS&Pよりはっきりと出ている。

ドル円レートは既に円高方向。また、ユーロドルもそろそろユーロ高になりそう。
ECBは今年の3月に追加緩和したが、ユーロ安になってない。
ドル安は米国の株価を支える方向に働く。 米国指数は、最後まで相対的に下げ渋ると思われる。

日本市場はどうなるかって?お察しください





0 件のコメント:

コメントを投稿