2016年6月9日木曜日

日本地価の歴史と中国

地価にみる日本の今
日経平均株価のピークは89年だった。レバレッジ期間終了の先駆けである。
しかし、地価は平成3年(1991年)でも前年同月比でプラスなのがわかる。

中国も、レバレッジ期間が恐らく終了した。
日本と同じ道なら、不動産価格の下落は来年か再来年からのはず。
と思っていたが、場所によってはもう始まっているようだ。

中国の地価が爆下がりしている
瀋陽がどのぐらい都会かも知らないわけだが、調べてみると主要19都市に入っている。

深センバブル、まだまだなの?
シェンチェンは経済特区だから説明不要だ。

中国は広いので、一口に「中国の不動産」とは言えない。
瀋陽が爆下げでも、上げている地域はあるかもしれない。
しかし、全国的な不振も時間の問題だろうと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿