2016年6月7日火曜日

TOPIX

月足チャートを見てみる。
前にも書いたと思うが、TOPIXでは2015年の高値は2007年の高値を更新していない。
日本のGDPは2007年の方が上なので、これは自然なことだ。

日経は少数の大型株で構成されるので日本全体を表す指標としてはTOPIXの方が実情に合うと思う。
もちろん、TOPIXがバブらないというわけではない。最高値の89年は2,884.80だから。

現在は、まだ下げ相場の半ばだと考えている。震源地は債務危機に直面している中国だ。
200% and counting
限界に向かう中国の企業債務拡大

中国は政府債務は低いが、民間債務は2014年時点でGDP比200%を超えている。
日本のバブル期も同程度だったそうだ。
深刻なのは、中国のGDPは中国政府が発表している数字を基にしていることだ。

どう考えても嘘なので、実際の民間債務のGDP比はさらに高い数字になる。
ソロスは300~350%と見ている。
ただ、もう一人の爺さんは割と楽観的との報道があった。

Warren Buffett optimistic on China's economic transition

ただ、このコメントを楽観的と見るかどうか、人次第であろう。
Obviously, Soros is worried more than me. 
明らかに、ソロスは私より心配している。

0 件のコメント:

コメントを投稿