2016年7月14日木曜日

7974 任天堂

PokemonGoの一日の課金収入は、米国で1.6億円だそうだ。
任天堂の「ポケモンGO」、米で歴代利用者数首位 1日2100万人 収入1.6億円予測 早くも便乗商法

米国だけでこれだ。日本ではまだ公開していない。
また、市場は米国と日本だけではない。 全世界で2,000億円ぐらいか?
さらにスマホ市場で商売になるのはポケモンだけではない。

現在の任天堂の売上は5,000億円ほどだが、倍増も狙えそうである。
株価の最高値は73,200円。スマホ市場に参入して更新できなければ、当分は更新できないと思われる。

追記
岩田前社長は、この安易な道を嫌い、スマホへの積極的な参入はしなかった。
しかし、任天堂の理念は「枯れた技術の水平思考」だし、スマホゲームはこれに合致するものだ。
任天堂は業界の第一人者として、適切なスマホ課金モデルを作ることだろう。

個人的には、ハードはソニーやマイクロソフトに譲って撤退し、サードパーティーになっても良いと思う。
ゲーム機が多すぎるのはいいことではないし、ヘビーユーザーは任天堂の据置を買わないだろうし。
過去のゲームのダウンロードについては、他社ハードからにしてライセンス料を貰えばいい。

スペック競争では勝てないし、そもそも勝つ気もない会社が、なぜゲーム機開発を続けるのかわからない。 

0 件のコメント:

コメントを投稿