2016年7月21日木曜日

スぺランデオと金

師匠の記事を発掘してみた。例によって引用し、訳してみる。
After Brexit Shocker There Is Trouble At The Comex And The Global Financial System Is On The Brink
Right now I would be a buyer of the FTSE and a buyer of the British pound.  I would also stay long gold at this point.  I have 85 percent of my pension fund long gold and I would be a buyer on any dips.
現在、私はFTSEとポンドを買うつもりだ。ゴールドもロングだ。私の年金ファンドの85%はゴールドのロングで、あらゆる押し目で買い向かうだろう。
What’s more important is that there is virtually no gold at the Comex. If the longs ask for delivery and they can’t deliver, then there will be a force majeure. Meaning, they will settle for cash and that will send the price of gold much, much higher.
より重要なことは、Comexにはほぼゴールドが無いことだ。ロングの人々が現物を望めば、彼らは引渡し出来ない。そこで不可抗力が生じる。つまり、現金で手打ちにし、それはゴールドの価格をはるかに高くする。
というわけで、師匠の年金ファンドは、ほぼ全部ゴールドと言っても過言ではない。
しかし、Comexに現物がないというのは知らなかった。それも調べてみた。
ここ30年で初めての異常事態、金の現物不足が示唆する「次の危機」

0 件のコメント:

コメントを投稿