2016年7月13日水曜日

都知事選IV

多分、与党公認効果で増田氏が勝つんだろう。
ただ、野党が素早く鳥越氏を統一候補としたのが意外だった。なぜ宇都宮氏ではないのか。

宇都宮氏では都知事になったとしても、野党の思う通りに操縦することは不可能だ。
そういう思惑も働いていると思われる。
知名度だけなら、宇都宮氏も3度目の出馬だし、それほど劣るとも思えない。

しかし、生真面目な宇都宮氏は、野党は知名度だけを優先して鳥越氏を統一候補にしたと考えるだろう。
氏からすれば、到底容認できる話ではない。

前の都知事選と似ている感じがする。
票数は、舛添氏、宇都宮氏、細川氏、田母神氏の順だった。
舛添氏のポジションが増田氏で、細川氏は鳥越氏、田母神氏は小池氏に置き換えられる。

追記
宇都宮氏の出馬辞退で俄然面白くなった。野党は票が割れない。
鳥越氏は何の準備もないが、宇都宮氏が政策顧問になればいいのである。
既に政策集を渡しているので、なりつつある。

そうなれば、野党は鳥越氏が操縦しやすかろうと支援して、あべこべに宇都宮氏が操縦する事態になる。
後は、選挙戦を上手く戦えるかどうか。
宇都宮氏が鳥越氏を積極的に支援し、鳥越氏が全面的に操縦されればまともに戦えるだろう。

前回の小泉氏のポジションに宇都宮氏がつくことになる。

0 件のコメント:

コメントを投稿