2016年8月4日木曜日

ユーロ/ドル

月足チャートでは、いよいよ24ヵ月移動平均線が価格に近づいてきている。
利上げが出来ない米国とユーロ圏の緩和終了を織り込んで、ドル安方向に動くと思う。

仮にそうなると、ドル安でダウは横ばいか微増傾向を維持する感じか。
レイ・ダリオの言う通り、「ベアではない」水準で推移しそうである。

レバレッジ期間の終了した、チャイナの見通しはどうか。
後始末にかかる時間は、米国はもちろん、日本より長引きそうである。

失われる50年。中国指導部の無責任が招く史上最悪のバブル崩壊
スローモーションで崩壊する中国不動産建設バブル

もともと中国株は低評価だったので、日本と違って1/4になったりはしないだろう。
ただし、元はそれなりに下落すると思われる。


0 件のコメント:

コメントを投稿