2016年8月13日土曜日

原油

今のところ、1バレル40~50ドル。
需給が改善すれば、価格は元の100ドル水準に戻ると思われる。
しかし、いつ改善するのだろうか。

原油供給過剰 16年も IEA見通し、価格低迷長期化の可能性
[FT]原油の需給不均衡、2017年まで続く見通し

記事によると、17年で需給が均衡し、それ以降は需要の方が多くなるようだ。
実際、相場は需給改善を織り込みつつある。
24ヵ月移動平均線はまだ価格の上だが、遅くても17年上半期中には価格とぶつかる。

17年中には反転して伸びていくかもしれない。そうなれば、石油関係の会社は面白くなる。
ペトロブラスなどは、今年2月に2.84ドルを記録してから、既に8.73ドルまで上昇している。



0 件のコメント:

コメントを投稿