2016年8月11日木曜日

バフェット指標で見るダウ

バフェット指標とは、株式市場の時価総額/GDPである。
その指標によると、現在のダウは著しい過剰評価にあるそうだ。
If you follow Warren Buffett’s methodology, stocks are significantly overvalued

引用して、訳してみよう。
Currently, the ratio of Total Market Cap (as measured by the Wilshire Total Market Index) to GDP is 121 percent. There is only one other time since 1971 that this ratio has registered such an overvalued reading…that was in December of 2000.
現在、株式市場の時価総額とGDPの比率は121%になる。1971年以来、こんな過剰評価を記録したのは、他にはただ一度しかない。2000年の12月だ。
下値余地が大きいのは間違いない。しかし、何がトリガーなのか私には分からない。そんな状況である。

0 件のコメント:

コメントを投稿