2016年8月19日金曜日

原油価格の今後

皆の想像より順調に回復するかもしれない。
原油価格の下落はアメリカの過剰在庫が原因で、それをシェールメジャーが分かっている。
だからこそ協調して減産している。もちろん自然淘汰もあるだろうけど。

価格が上がるとシェールの増産が始まって頭を叩かれるという意見もあるが、その蓋然性は低いと思う。
だって、価格が上がったからすぐに増産路線に戻しますって決定は、相当しづらいでしょう。
また1バレル26ドルになったら、という恐怖の方が先にくるはず。

私がシェールメジャーの人なら、増産路線は少なくとも2018年以降だよ。
需要が伸びて在庫が減って価格が堅調になってからじゃないと、すぐ価格が下がって苦しくなるだけだから。
そう考えると、しばらく価格が上がっていってもおかしくない。

目下は、24ヵ月移動平均線が近づいているので、ぶつかってどうなるか。
価格に先行するモメンタム指標は結構いい感じになっているので、堅調に推移する可能性がある。
とはいえ、結局マーケットがどう動くか分からないし、逆らう気もないので、駄目ならすぐ逃げるのが大事。

0 件のコメント:

コメントを投稿