2016年8月23日火曜日

Jarand Rystad

私は原油価格の上昇を予想している。2018年で80ドル水準でもおかしくない。
世界には似たようなことを考えている人がいるもので、そういう記事があった。
Oil prices will hit USD100 per barrel in 2020, says Rystad

Jarand Rystadって、日本語ではどう書いたらいいだろうか。
そのままジャランド・レイスタッドでいいのかな。
まあともかく、彼は2020年で1バレル100ドルを予想している。

面白い部分があったので、引用して訳してみよう。
Rystand compared this oil cyclical movement to pork price fluctuations in Germany in the 1920s - when pork prices were good, farmers (producers) rushed into production that created a surplus. The excess commodities that led to crash in prices, prompting some farmers to reduce production which led toward another cycle of tight market, pushing prices up again.
“The current market appears to be a cyclical issue, and the best cure for the low oil price is low oil prices,” Rystad said. 
レイスタッドは、この原油のサイクルの動きを、1920年代に起こったドイツの豚肉価格の変動と同等に見ている。豚肉価格が高かったとき、農業経営者は余剰を生む生産に殺到した。余剰生産は価格暴落の引き金となったが、機敏な経営者は生産を減少させ、価格を再度上昇させるサイクルへと導いた。
「今のマーケットはサイクルの問題が出ているように思える。そして、低価格な原油への最善の解決策は、低価格な原油だ。」
アメリカがシェールオイルの減産に取り組んでいるのは、まさにこのドイツの状況と同じといえる。

0 件のコメント:

コメントを投稿