2016年10月19日水曜日

三浦九段の続報

今日の新聞では、三浦九段は連盟にスマホとパソコンの提出をしようとしたらしい。
連盟がそれを拒否したそうだ。

これが事実なら、三浦九段は不正していない。
何故なら、連盟は追加調査をしないと発表しているからだ。
連盟は不正しているかどうか、自信が無いのである。

連盟が恐れていたのは竜王戦での不正発覚であり、それの阻止が第一だったということになる。
不正しているかどうかは問題ではなく、不正発覚のリスクを避けたかったのだろう。
竜王戦まで時間もなく、解析している暇はなかった。

三浦九段が出場辞退届を出さなかったのは、ショックで気持ちの整理がつかないままだったからだと思われる。
何せ期日まで1日ぐらいしかない。
そこから一方的に処分されたとなれば、それは収まらないだろう。

三浦九段、攻めどころだ。

棋士としての名誉がかかっている。
第三者に解析させ、不正がないことを証明して発表できれば、相手は詰んでいる。
そうなれば、損害賠償になるだろう。

竜王戦は挑戦だけでも1,590万円の賞金が出る。
また、いい加減に不正告発して間違いでしたというのは、せめて相応の金額を払うのが筋だ。

新婚家庭なのに、あらぬ疑惑をかけられて賞金もないまま黙って下がるようでは温い。
弁護士も立てているそうだし、三浦九段には谷川会長と告発棋士を光速で寄せて欲しいものだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿