2016年12月26日月曜日

三浦九段の不正、証拠なし

将棋 “三浦九段の不正認める証拠なし” 調査委発表
その一方で、「年内出場停止処分は、緊急性があったのでやむを得ない」のだそうだ。
個人的にはやむを得ないとは思わないが、調査委員会としては連盟の顔も立てざるを得ないのだろう。

呼び出した時点で、三浦九段の性格からしても大いに動揺してしまうから竜王戦に影響が出る。
ひとまず知らん顔してスマホ不正が出来ない体制を整えて竜王戦に入ったほうが良かったと思う。
(三浦九段は機械音痴なので複雑な不正は出来ないし、告発組もスマホの技巧を前提にしている)

とはいえ、既に過ぎ去ったことはどうにもならない。
今後は、告発の仕方や不正防止のルール作りが急務と言えそうだ。

追記 三浦九段の会見を見て
将棋連盟は、三浦九段が出演予定の年明けのイベントを2つ、本人の承諾なしにキャンセルしていたそうだ。
また、竜王戦挑戦者決定戦では、理事が三浦九段を監視していたらしい。不正を確認できなかったとのこと。
それでも連盟は三浦九段を呼び出し「竜王戦が開催されなくなった」と嘘の通達をし、休場処分に追い込んだ。

これは酷い。

0 件のコメント:

コメントを投稿