2017年3月11日土曜日

原油

米国での生産量と在庫の増加を受けて、原油価格が急落しました。
原油価格を上げていく気は、米国にはないようです。
チャートは、ちょうどトレンドラインを割ったかどうかというところ。強いとは言えません。

原油価格がある程度下がったままの方が、米国の産業全体には都合がいいのかもしれません。
やはり、原油価格への影響力は、既にOPECよりも米国の方が大きいようです。
OPECの冬の時代は、まだしばらく続きそうです。



0 件のコメント:

コメントを投稿