2017年4月2日日曜日

電王戦

ソフトのPONANZAが完勝。最後の馬引きの局面は、圧倒的でした。
71手という短手数に加え、佐藤叡王は時間を使い切ったにもかかわらず、PONANZAの残り時間は3時間39分。

PONANZAはほとんど持ち時間を使わずに指してくるのに対して、一方的に時間を使わされていました。
自分ばっかり延々と考えるのでは辛いでしょう。ちょっと強すぎます。
コンピュータとの対戦は今年で終わりだそうですが、コンピュータが強すぎるので妥当だと思います。

羽生三冠との対局が実現しなかったのは残念ですが、これも仕方のないことです。
谷川会長は職を辞し、森内九段もフリークラスに転向ということで、時代は変わっていきますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿