2017年12月14日木曜日

8909 シノケングループ

独自の仮想通貨を発行するそうです。
仮想通貨「シノケンコイン」の発行決定 - シノケンアプリでスマホ決済も
不動産業界の中では、動きの速い方だと思います。

増収増益を繰り返してる優秀な企業なのですが、PERは5.2倍。
ずーっと低PERなんですよね。不遇な企業です。
それでも増収増益のペースが凄いので、株価は5年間ほど非常に堅調でした。

最近では、流石にそろそろ増収増益のペースも鈍ってきて、チャートは怪しくなってきました。
モメンタム指標のピークは、2013年です。
トレンドも丸5年になりますので、サイクル的にもそろそろ調整が入ってもおかしくありません。

日経平均は高値を更新してますし、シノケン自体はペースが鈍ってきたとはいえ2桁増収増益。
悪いはずはないのですが。
12月決算なので、来年の業績予想次第ですね。

200日移動平均線と仮想通貨

仮想通貨においては、200日移動平均線は注目すべき指標の一つです。
下の3つのチャートは、BTC、ETH、LTCの日足対数軸と200日移動平均線。
いずれも、移動平均線がよくトレンドを捉えていることがわかります。

MONAは載せてませんが、MONAでも顕著です。
現在のバブルの崩壊も、この200日移動平均線によって、ある程度予知ができるかもしれません。
本当に強いトレンドは5~6年続きます。サイクル的に見れば、やはり2020年の後半かそれ以降でしょう。




2017年12月12日火曜日

重課金プレイヤーはSSRキャラ

基本無料スマホゲームではわずか0.23%のプレイヤーが売上の64%を生み出している

アナデンをプレイして思ったのは、課金プレイヤーの割合はどのぐらいなんだろうか、ということ。
調べてみると、スマホの課金プレイヤーは全体の2.3%、重課金プレイヤーは0.23%なんだそうです。

ガチャは、一時的大変に非難されました。
知らない間に大金を使ってしまうことが、社会的な問題になったためです。
これはこれで確かに問題なわけですが、重課金者のお陰で基本無料が成り立っているとも言えます。

アナデンのようなゲームが基本無料でプレイできるとは、私が子供の頃には想像も出来ませんでした。
そういう点では、我々無課金者は、重課金者に感謝しなければなりません。
そして、重課金プレイヤーこそ、ゲーム会社にとってのSSRキャラと言えましょう。

となると、私のような無課金プレイヤーは、星3のはずれ枠ですね。
はずれ枠同士、アナデンで引いた星3キャラはちゃんと育成しようと思います。
メネシアが男前でいい感じです。私の刃に曇り無し!

GMO、給与払いにBTC導入

GMOが一部給与をビットコインで 仮想通貨推進に向け

これはいいことですね。
自分で取引するのは気が引ける社員でも、自動で会社がやってくれれば買付しやすいです。
また、毎月定額なので、ドルコスト平均法になります。

毎月の定額買付は、相場は分からないので相場になるという手法です。
勿論、万能な手法ではありませんが、下手な売買よりよっぽどいいでしょう。
長期的な展望があるなら、出来る範囲でちょっとずつ買い増せばいいのです。

実際にどの程度の社員が希望するのかを知りたいところです。
他の会社でも、仮想通貨払いが普及していくんでしょうか。
下手な自社株を買うよりいいかもしれないので、社長、ぜひご検討を。

IOTA日足

現在は、3.0ドルから5.5ドルまでのボックスに入っています。
私は、来年末までには現在の価格水準になることを予想してました。
結果は、まさかの1年前倒し。相場は分からんものです。

急騰後も安値が切り上がってますので、勢いはあります。
しかし、短期間のパターンなので、あまり信憑性はないかもしれません。

とはいえ、まだ先駆者たるビットコインですら飽和しておりません。
イーサリアムは遅れてきたビットコインだし、アイオータやモナは遅れてきたイーサリアムです。

この辺は、アベノミクス前後に連鎖的に上がっていった不動産株に似ています。
フージャースが上がって、シノケンが上がって、アーバネットが上がって、という感じでした。
あの時は早めに利確してしまって、大分取り損なったものです。握力が足らなかったんですね。

その後のチャイナは、期待外れですぐ落ちてしまいました。
その後の金銀鉱山株や原油株も、あまり大きなトレンドは作れませんでした。懐かしいですね。

仮想通貨は、私が見た中では、最も大きく強いトレンドを形成しています。
税金の都合で、頻繁な売買は出来ません。頻繁でなくても相当に利確しにくいです。
せっかくですから、恐らく数年後に来るであろうバブルの結末まで見たいと思います。


アナデン 10連ガチャ結果

マイティ、ルイナ、ミランダ、ルーフス、エイシア、ネメシア、ブリアー、イーン、トール。
あと被りが1回あって、計9名が追加されました。ちょっとずつ育成中です。

このうち、エイシア以下は星3が限度です。
絵もほとんど色違いで、はずれ枠に分類されるようです。

星3が限度のキャラは24人いて、合計するとはずれを引く確率は51.84%だそうです。
まあ大体、確率通りの結果でしょうか。

人数が増えてかなり賑やかになりましたが、回復役は相変わらずリィカのみ。
状態異常回復キャラは引けてません。流石に1人は欲しいところ。

有償限定10連ガチャ1回限りというのもあり、これはかならず1人は星5キャラが排出されるようです。
お買い得だから1回ぐらいどう?ってことなんでしょう。
いや、無課金でクリアするつもりなので、リアルマネーの投入予定はありませんけどね。

最強パーティとかには興味ないので、引いたキャラで頑張ります。
下図は、新たに仲間になったキャラクター達のステータス画面。
ブリアーとトールが見切れてますが、また別の機会に写します。

アナザーエデン 6人パーティに

10連ガチャのみ利用にしようと思ったのですが、残念ながら古代の最初のボスで全滅。
早速1回ガチャ×3で6人パーティにしました。
仲間になったのは、ミュロン(星4)、ミーユ(星3)、ソイラ(星3)の3名です。

星3のミーユとソイラは、星4にするためにアイテム収集が必要なようです。
星4にしないと、アビリティパネルが残ってしまうので、キャラの性能が十分に発揮できません。

とはいえ、単純に3人から6人パーティにするだけで難易度がぐっと下がります。
前衛4名控え2名ですが、控えは毎ターンHPMPが回復するので、入れ替えが有効です。

ガチャにも種類があって、特定のキャラの排出率の高い「限定ガチャ」と「通常ガチャ」があります。
今は限定ガチャが何種類かありますが、いずれも期間限定のようです。

世界観にも慣れてきて、古代のボスで全滅してから面白くなってきました。
下図は、ガチャで引いたキュカ、ミュロン、ミーユ、ソイラの4名。